歯周病について

歯周病は日本人の場合、10~20代前半ですでに60%の方がかかっているといわれ、50才代でおおよそ80%の人がかかっているといわれるほど、多くの方が悩んでいる歯の病気です。 だれもがかかりやすい病気ですが軽くみてはいけません。 歯周病は「沈黙の病気」と呼ばれていて、ほとんど自覚症状が無いままに進行していく病気です。 ご自身で気づいたときには、歯の周囲を支える骨がボロボロになっているケースも少なくありません。 そうなると食事をとることも大変になります。歯周病を予防するには、早期発見、早期治療が大切です。

歯周病セルフチェック

preventive-3起床時に、口がネバネバする。


preventive-3歯を磨いているときに出血してしまう。


preventive-3口臭が気になる。


preventive-3歯磨きをすると、歯茎に痛みを感じる。

preventive-3硬いものが噛みにくい。


preventive-3歯茎が赤く腫れている。


preventive-3歯肉が下がり、歯が長くなった気がする。


preventive-3歯肉がムズムズしてかゆい感じがする。

 
※上記項目に3つあてはまる方は、要注意です。歯科医院での予防メンテナンスをお勧めします。
※上記項目に6つ以上あてはまる方は、歯周病の症状が進行している可能性が高いです。
歯周病の進行
preventive-3-4-1 preventive-3-4-2 preventive-3-4-3 preventive-3-4-4