被せ物(クラウン)の種類と特徴

ここでは保険の詰め物を含めた被せ物(クラウン)の比較を表にまとめております。
被せ物には金属で作られたものやプラスチックで作られたもの、セラミックで作られたものなど様々な種類があり、保険と保険外で使える材料も変わります。

素材

パラジウム

cosmetic-4-2-1

ハイブリッド

cosmetic-4-2-2

メタルボンド

cosmetic-4-2-3

ゴールド

cosmetic-4-2-4

ジルコニア

cosmetic-4-2-5

価格

保険適応

50,000(税別)

80,000(税別)

100,000(税別)

100,000(税別)

審美性

☆☆☆☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

★☆☆☆☆

★★★★★

耐久性

★★★☆☆

★★★☆☆

★★★★☆

★★★★★

★★★★☆

特徴

保険が適応されて経済的。

口の中に直に金属がある状態のため、金属アレルギーの方は注意が必要。

ほぼ自然な白さを表現できるが、セラミックとプラスチックを混ぜたもので柔らかい。

色調はやや劣り、年数が経つと、水分を吸収し変色しやすい。

金属の露出はないが、白さはやや不自然だが、審美性は高い。

年月が経つと歯と歯茎の間が黒ずむ可能性がある。

年数が経っても劣化せず変色しない。

適合に優れ、虫歯になりにくい。表面が滑沢なため汚れがつきにくい。強度が強い。

体に優しいセラミックのみを使用。

耐久性、審美性にも優れており、メタルボンドより透明感があり、自然な感じが得られる。