子供でも矯正治療っていつから始めるの?

テキスト ボックス: 画像

子どもの矯正はできるだけ早く始めることが大事です。

ただ不正咬合の種類や永久歯の萌出具合で矯正装置の装着時期が個々に変わってきますので、一概に何歳からというものではありませんが、とにかく永久歯と乳歯の混在した混合歯列期は矯正の最適齢期なのです。ひどくガタガタした歯並びにとても心配された親御さんも当院では3ヶ月から6ヶ月ぐらいで目に見えた改善が得られるので皆すごく安心され喜ばれています。 またムーシールドといった取り外し可能な装置で3歳児から受け口の治療を開始することもあります。当院の治療実績から言えることは「子供の歯列矯正は早ければ早いほど良い結果が得られる。」ということです。早く始めるほどアゴの成長をコントロールしながら矯正治療を行うことができるので非常に効率的で苦痛 の少ない矯正治療が可能となります。

 

小児矯正のメリット

永久歯を正確な位置に

乳歯を抜くタイミングや乳歯の形を整えたりする事により、悪い方向にはえる可能性のある永久歯を初めから良い位置にはえさせ、きちんと物をかむことができ、良いかみ合わせにすることができます。

 

歯を抜かずに治療できる可能性

装置を使用し、あごを広げて成長を促すことで、永久歯のはえるスペースを確保し抜歯の可能性を減らすことができます。成人矯正治療では歯が並 ぶス ペースが不足しているため、永久歯を抜歯しスペース確保が必要な場合が多く、小児期から矯正治療を行う事により歯を抜かずに治る可能性が高くなります。

 

後戻りの可能性が減る

矯正治療後に装置をはずすと、歯は元のガタガタの状態に戻ろうとします。それを「後戻り(あともどり)」と呼びます。小児期に治療をしその後骨格の成長が終わることで、歯が良い位置に安定し、顎の成長をバランスよく保つ事により、後戻りを最小限に抑えることができます。

 

虫歯になりにくい歯並び

普段の歯磨きでは、歯並びが悪いと、歯と歯の間や歯肉に近い箇所の磨き残しが多くなりがちです。
歯並びを改善することにより、虫歯予防や歯周病予防、口臭予防にもつながり、見た目だけでなく衛生的にもキレイなお口にすることが期待できます。

 

子供の素敵な笑顔

なによりも、お子様の元気な素敵な笑顔が1番のメリットかもしれません。早い時期に、お子様の歯並びを改善する事によって、いじめの対象となりえる状態やコンプレックスを解消し、健全な精神発達の環境を整えてあげることができます。

 

小児矯正装置の種類

orthodontia-9-1

orthodontia-9-2

床矯正とは、歯並びの横幅を横に広げたり、歯を移動させる事を目的としたお子様に適した矯正治療です。 装置の中央には、「拡大ネジ」とよばれるネジがあります。 このネジの幅を広げる力を加えることで、歯の土台となる骨を側方に押し広げる構造となっています。


orthodontia-9-3

orthodontia-9-4

受け口の治療開始時期は、より早期からであることが望ましいと考えられています。
ムーシールドの場合、寝ている間に口に装着するだけなので、不快感や痛みがありません。 そのため、3歳児という低年齢からの受け口(反対咬合)治療が可能となりました。

お子様の悪い歯ならびは、あごの発育に悪い影響を与えるばかりか身体の発育にも悪い影響を与える場合があります。 口の中の健康ばかりでなく身体全体の健康を保つためにも、良い歯並び、咬みあわせは重要です。