当院で使用するインプラント

3iインプラントハイレベルな3iインプラントを使用

高田歯科室で使用するインプラントは、アメリカのImplant Innovations社が製造する3i(スリーアイ)を使用しています。インプラントでは、アメリカでのシェアNo.1のインプラントです。
3iインプラントの最大の特徴は、特許を取得した「オッセオタイト」という表面性状にあります。
オッセオタイトは微小で均一な粗造構造で、この微細な突起の間にフィブリンの束が絡まってクロット付着を創り出し、このことがインプラントと骨の結合「オッセオインテグレーション」を強力に促進します。

一般臨床施設研究で、1,000人を超える患者に対して2,500本以上のケースで使用された3iの臨床評価は、5年間平均成功率97.2%、不良骨では98.6%と、非常に高い成功率となっています。
ただ、日本ではあまり馴染みのあるインプラントシステムではなく、使用している歯科医院は多くありません。

implant-2-3
implant-2-4

3iインプラントでは骨組織とインプラントとの親和性が高く、インプラント埋入後に骨成長とともにしっかり固定されるため高い成功率を誇ります。

implant-2-5

3iインプラントでは骨組織とインプラントとの親和性が高く、従来のものより強く固定できるため短いインプラントでも高い成功率を誇ります。

implant-2-6

3iインプラントでの治癒期間の短縮は患者さんの負担を精神的にも肉体的にも少なくすることができます。

インプラントと従来の治療との違い

骨と完全に結合したインプラント体の上に取り付けられた歯は、入れ歯やブリッジとは違ってその歯自体が顎の骨にしっかりと固定されているので、周りの歯に負担をかけることはなく、天然の歯に近い噛む力と耐久性、審美性を得ることが出来ます。入れ歯やブリッジは、インプラントとは違って周囲の歯に大きな負担をかけてしまうため、今残っている自分の歯の寿命を少なからず縮めることに繋がります。

 ブリッジ    インプラント治療
implant-3-2-1 implant-3 implant-3-2-2
失った間の歯を支える為、両側の健康な歯を削る必要があります。   健康な歯を削ることなく、天然の歯と区別がつかない歯並びを再現できます。

 部分入れ歯    インプラント治療
implant-3-4-1 implant-3 implant-3-4-2
金属の止め具などに違和感があり、見た目も良くありません。   止め具などを使わないため、口の中に違和感がありません。しっかり固定されているので、かたいものを食べても安心です。

 

 総入れ歯    インプラント治療
implant-3-6-1 implant-3 implant-3-6-2
ガタつきがあると安心して食事ができません。入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。   ガタつきがあると安心して食事ができません。入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。

 

 入れ歯安定剤・入れ歯の作り直し    インプラント治療
implant-3-8-1 implant-3 implant-3-8-2
入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。また、総入れ歯の場合、あごの骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。   入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口元に安心感が持てます。

 

インプラントとは、周囲の歯に負担をかけることなく、失ったはずの歯を人工的に取り戻す、すばらしい歯科治療です。 周りの歯に負担をかけずに歯を立てられるということは、今残っている自分の歯を守ることにもつながります。